独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構主催
「平成30年度障害者雇用職場改善好事例」で優秀賞を受賞

湘南ゼミナールオーシャンは、このたび、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が主催(後援:厚生労働省)の「平成30年度障害者雇用職場改善好事例」において、優秀賞を受賞いたしました。

今回の受賞は、ご本人を支える、ご家族、医療機関、支援機関などの関係者の皆様のご協力のもと、湘南ゼミナールオーシャンで働く障がいのある従業員が、日々の創意工夫と勤勉な勤務を積み重ねてきたことが表彰されたものと考えます。親会社である湘南ゼミナールの理念「ひとに学び ひとを育み ひとにかえそう」を実現すべく、これからも働く意欲のある障がい者がいきいきと働ける場の創出に向けて、湘南ゼミナールと手を取り合って取り組んでまいります。

応募の動機

オーシャンでは、毎年の「職場改善好事例集」を参考にさせていただいております。障がいのある方が働き続けていただけるために、多くの先輩企業や事業所の皆様が取り組まれた事例は私たちにとって大きな励みとなりました。設立して間もないオーシャンですが、これから障がい者雇用に取り組もうとされる企業や事業所の皆様のお役に立ち、障がい者の雇用促進の一助となることを願って応募いたしました。

多くの雇用の現場で精神障害がある方がイキイキと活躍できるようになるまでの道のりは長いですが、障害者雇用の当事者と雇用事業者の皆様にお届けできるよう、動画の製作を進めて参ります。

障害者雇用職場改善好事例とは

障がい者雇用において雇用管理、雇用環境等を改善・工夫し、様々な取組を行っている事業所の中から、他の企業のモデルとなる好事例を募集し、優秀事例を表彰する制度です。優秀事例を広く周知することにより、企業における障がい者の雇用促進と職域の拡大及び職場定着の促進を図るとともに、障がい者雇用に関する理解の向上に資することを目的としています。

主催:独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
後援:厚生労働省

独立行政法人
高齢・障害・求職者雇用支援機構主催
「平成27年度障害者雇用職場改善好事例」で奨励賞を受賞

奨励賞(独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構理事長賞)

平成27年度では、「既存の職務において職場定着を図った取組」「職務創出、再構築、職域拡大を図った取組」をテーマに応募させていただきました。この年はオーシャンを含めて5事例が奨励賞を受賞しております。 厚生労働省の発表では「モチベーション維持が難しい受け身的になりがちな仕事を遂行するためのさまざまな工夫、発達障がいのある社員が作業に集中し、正確な作業手順を習得するための業務上の工夫など効果的な仕組みを設定。支援機関とも情報共有しながら配慮を行っている点が評価された。」とあります。

この記事をシェアする